スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

This is it
先日、新宿バトル9で2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー映画[This is it]を観てきました。

まず、この新宿バトル9、今回はじめて利用したのだけど、キレイだし、音響いいし、何より、事前に予約が出来るのが、いい。 ちょっと前まで、人気の映画は1時間前くらいに行って、階段の所をぐるぐる並ぶのが当たり前だったのにね。

ちなみに、バトル9ではKINEZOにてオンライン予約が可能。また、平日15:30〜18:00の間は1200円で映画が観られるサービスもあるらしい。

かなり、気に入ったので、思いっきり宣伝してみました! 次回は、これに行こうかな? We will We will rock you!

さて、さて、[This is it]ですが、本当にクオリティの高い、よく出来た映画だなというのが、正直な感想。 スクリーンに引き込まれるって、こうゆうことをいうのだなぁと。

ここ最近は彼の影の部分ばかりが、取り上げられていたけど、この映画は彼の光の部分に光が当てられていて、やっぱりマイケルジャクソンは最高のエンターテイナーであり、キング・オブ・ポップという呼び名がふさわしいんだというのを、再認識出来る,そんな映画。

それを、ある評論では[マイケルを永久不滅のアイコンとして定着させるショウビズ界のしたたかさ]と表現してたけど、私はそれでいいんだと思った。 だって、その偶像を私たちが望んだんだから。
| 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

ドリーム・オブ・ライフ
先日、シアターN渋谷で上映中の[ドリーム・オブ・ライフ]を観に行ってきました。

これは、70年代初頭、[パンクの女王]と呼ばれた、アーティスト・パティースミスという一人の女性を11年間追った、ドキュメンタリー映画。

今でも彼女の作品をはじめて聴いた時の衝撃は忘れられないし、1997年恵比寿ガーデンホールで彼女の生の演奏を観た時の興奮は鮮明に想い出せる。

年齢とか性別とか国境とかそんなのまったく関係なく、人間としての強さと美しさを兼ね備えている尊敬すべき、女性。

映画で映し出される彼女は、たんなるパンクの女王の偶像としてでなく、歌手で詩人でアーティストで母親で娘で。
カメラのフィルターを通してうつしだされたのは、そんな彼女の断片。


詩人である彼女が作品やインタビューの中でつぶやいているいくつかの言葉。

「人生は縦線でも横線でもない。人はみな各々精神世界を持っており整っているわけではない。」

「運命は自分でデザインするもの。それを一連の幸運と不運が邪魔をする」

「(略)私たちの内面によく耳を傾けてほしいの。忙しいとか、自分には無理だ、とかそんな理由をつけてないで、“なにか”を感じたなら、とにかくトライしなさい。その“なにか”を外に出してあげて。上手か下手かなんて関係ない。私だってひどい歌手だったんだから。でも私のなかには巨大なエネルギーがあって、そのことを自覚していた。そのエネルギーが外に出てきた結果がロックンロールだったというだけなんだから」


今夜は久しぶりにロバートメープルソープの写真でも観ながらパティーを聴こう。



| 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

音楽には言葉はいらない
昨日は、天王洲アイル銀河劇場で開催されている、ドラムストラックを見に行ってきました。
会場に入ると、各自の席にアフリカンドラムが置かれており、否応なしでも気分が高まります。

スピード感あふれるドラムの演奏、圧倒的な力強い歌声はもちろんのこと、会場一体になって
奏でられるドラム音が、ずしん、ずしんとお腹に響き、気づいたら夢中でドラムを叩いている自分がいました。

年齢も性別もそして、国境も関係なく、リズムを刻むことで一つになれる。
やっぱり、音楽はすごい。

50種類以上のドラム演奏が行われた中で、心奪われたのが、ハングドラム。(hayatoの響音洞さんのHPを参照、こちらで演奏も聴けます。)
UFOのような形をしたこの楽器、音的にはガムランに近いかも。

現在入手困難だそう。ちょっと欲しいかも。

そして、もう1つ、忘れてはいけない、マストアイテム。
サンバホイッスル。
あの音、効くと、何故か幸せになれる。不思議!?




| 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

発見!
かれこれ、5年くらいたつと思うのだけれど、私はずっとボディーヒーリングというのを続けている。

このボディーヒーリングというのは、ニュージーランドの「レスミルズインターナショナル」が発信するグループエクササイズプログラムの1つで、ヒーリング以外にもコンバットやステップ、バイクなどいろいろとある。

実際の内容は、伝統的なヨガ・太極拳・ピラティスなどを音楽にのせて行なうエクササイズで、それにプラスアルファ、最新の運動生理学に基づくストレッチング、トレーニングが組み合わされている。

これを始める前は、肩こりによるマッサージ依存症だった私。
しかし、これを初めてから年に行っても数回という、奇跡的な数字をたたき出しているのは、まさにこれのお陰。

で、何故私がこれを続けられたのか?と考えてみると、、、。
1.結果としてあらわれているから(=肩こりがなくなった)
2.生活の一部となった(=これをしないと落ち着かなくなるまで、通い続けた)
3.何よりも、音楽の選曲が好きだったから
だと思う。

たまに、クラスを受けているとき、心にズボッとはいってくる曲に出会うことがある。

これって、何の曲だろうと思うけど調べようがない。
それが、とっても悩みだったのだけれど、、、、、。


発見しました!なぁーんだ。公式ページに出てるじゃない。

前に調べた時は見つからなかったんだけどなぁ。。。

でも、これでスッキリ!さらに、昨日ヒーリングをしてきたので、体もスッキリ!

さて、今日も頑張ります!!

PS,以前ライブにもお邪魔したクラウディア大城さんのブログオープンしました。
7月にはメジャデビューも決定!応援してます!





| 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |




Profile
New Entries
Recent Comments
Archives
Category
twitter
Twitter Button from twitbuttons.com
Link